パリ、「騒音レーダー」で交通騒音を緩和へ

パリの路上に14日、同市では初となる交通車両の「騒音レーダー」が設置された。ごう音で走行する自動車やオートバイなどのナンバープレート認識機能を備えるほか、将来的には自動罰金制度の導入も視野に入れている。パリは欧州で最も道路交通の騒音が大きい都市として知られており…

関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エールフランスとCMA、航空貨物で提携(05/19)

PKNオーレン、水素列車で仏社と提携(05/19)

仏新首相にボルヌ前労働相 30年ぶり2人目の女性首相(05/18)

エンジー、露ガスプロムと決済方法で合意(05/18)

タレス、欧州のサイバー防衛企業2社を買収(05/18)

失業率、第1四半期は7.1%に低下(05/18)

ルノー、露子会社とアフトバス株を売却(05/17)

ユーロ圏経済、2.7%拡大へ ロシア侵攻影響で下方修正=欧州委(05/17)

仏インフレ率、4月は改定値も4.8%(05/16)

デカトロン、マレーシアで新たに2店舗開業(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン