2月のユーロ圏インフレ率、2.7%に加速

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは1日、2月のユーロ圏17カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比2.7%上昇したと発表した。1月の2.6%(改定値)から伸びがやや加速した。圏内でリセッション(景気後退)への懸念が高まる中、中東の政情不安を受け原油価格が上昇したため。

ブルームバーグによると、専門家の1人は「原油価格の動向は、ユーロ圏の消費者物価動向に大きく影響する」と分析。しかし、債務危機の影響により経済活動が弱体化している上、失業者が増え続けており、物価上昇圧力は限定的との見方を示している。

なお加盟国別のインフレデータは、3月14日に発表される予定。


関連国・地域: EU中東
関連業種: 経済一般・統計天然資源金融・保険商業・サービス雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

【今週の主な予定】7月23~27日(07/23)

パワーセル、燃料電池スタックを追加受注(07/23)

日産「リーフ」が欧州首位 上半期のEV販売台数(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

オランダとトルコ、国交正常化で合意(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン