• 印刷する

2月のユーロ圏インフレ率、2.7%に加速

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは1日、2月のユーロ圏17カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比2.7%上昇したと発表した。1月の2.6%(改定値)から伸びがやや加速した。圏内でリセッション(景気後退)への懸念が高まる中、中東の政情不安を受け原油価格が上昇したため。

ブルームバーグによると、専門家の1人は「原油価格の動向は、ユーロ圏の消費者物価動向に大きく影響する」と分析。しかし、債務危機の影響により経済活動が弱体化している上、失業者が増え続けており、物価上昇圧力は限定的との見方を示している。

なお加盟国別のインフレデータは、3月14日に発表される予定。


関連国・地域: EU中東
関連業種: 金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

アムステルダム、新築住居の賃貸禁止を提案(03/18)

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

メイ首相、離脱強硬派とDUPの説得に全力(03/18)

自由民主党、5月に党首選へ(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

【今週の主な予定】3月18~22日(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

パブのウェザースプーン、上半期は19%減益(03/18)

ユーロ圏インフレ率、2月は1.5%=改定値(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン