• 印刷する

2月のユーロ圏インフレ率、2.7%に加速

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは1日、2月のユーロ圏17カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比2.7%上昇したと発表した。1月の2.6%(改定値)から伸びがやや加速した。圏内でリセッション(景気後退)への懸念が高まる中、中東の政情不安を受け原油価格が上昇したため。

ブルームバーグによると、専門家の1人は「原油価格の動向は、ユーロ圏の消費者物価動向に大きく影響する」と分析。しかし、債務危機の影響により経済活動が弱体化している上、失業者が増え続けており、物価上昇圧力は限定的との見方を示している。

なお加盟国別のインフレデータは、3月14日に発表される予定。


関連国・地域: EU中東
関連業種: 金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン普及の遅れが影落とす経済回復の道 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第25回(03/05)

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

英政府、通関検査免除を延長 英・北ア間、EUは強く批判(03/05)

オランダのインフラ省、排ガス不正を告発(03/05)

ユーロ圏失業率、1月は横ばいの8.1%(03/05)

ユーロ圏小売売上高、1月は5.9%減少(03/05)

【ウイークリー統計】第83回 東欧・バルト諸国は飲食出費率が高め(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン