• 印刷する

中銀、第1四半期のゼロ成長見通し維持

中銀のフランス銀行は8日、第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP)が前期比横ばいにとどまるとの見通しを発表した。先月時点の見通しから変化はない。

中銀は今回、2月の景況感指数を織り込んで成長率を推計し直した。

先月の景況感指数は、製造業が95ポイントと前月の96ポイントから若干悪化。またサービス業は94ポイントで横ばいだった。中銀は、今後は製造業、サービス業ともわずかながら業況が改善すると予測している。


関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

外資4行、チェコの国家開発基金に拠出へ(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

家電量販セコノミー、第2四半期は4%減益(05/22)

高級車JLR、通期は過去最大の赤字(05/22)

保険アクサの合弁資産管理会社、上海で開業(05/22)

LVMH、プロバンス地方のワイナリー買収(05/21)

欧州議会選控え全国で親欧州デモ(05/21)

仏税関職員スト、2カ月半を経て終結(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン