• 印刷する

仏GDP、0.7%拡大 コロナ前水準上回る=第4四半期

フランスの国立統計経済研究所(INSEE)は28日、2021年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比0.7%増加したと発表した。伸びは第3四半期の3.1%から減速したが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を上回った。

支出項目別に見ると、家計最終消費支出は0.4%伸び、前期の5.6%増から減速。政府最終消費支出は0.3%増と、こちらも第3四半期の2.7%増から伸びが縮小した。投資を示す総固定資本形成は0.5%のプラスを確保し、伸びは前期から0.4ポイント加速している。内需のGDPへの寄与度は0.5ポイントだった。

輸出は3.2%増え、第3四半期の1.7%増から伸びが拡大。輸入は3.6%増え、こちらは2.8ポイント加速している。輸出から輸入を差し引いた純輸出は0.2%減少し、前期の0.2%増からマイナスに転じた。

21年通年のGDPは前年比7%増と、20年の8%減からプラスに転じ、過去52年間で最大の伸びとなった。

欧州委員会は昨年11月に発表した秋季経済見通しの中で、フランスの今年のGDP成長率が3.8%になると予想。23年は2.3%になるとの見方を示している。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏領ニューカレドニアで暴動=非常事態宣言(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

商船三井、トタルとLPG船契約=環境配慮(05/17)

燃料管理オープンエア、比航空と提携(05/17)

ルノー、自動運転ミニバス開発へ(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

PVセルのホロソリス、大型工場建設へ(05/16)

印ITタタ、パリにAI研究拠点を設置(05/16)

パリ、ごみ収集員がスト=市は即座に対応(05/16)

「チューズ・フランス」、過去最高額を誘致(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン