• 印刷する

感染者の6割強は再感染か イングランド=大学調査

インペリアル・カレッジ・ロンドンは26日、イングランドで1月に新型コロナウイルスの感染が確認された人の3分の2弱は、過去に感染歴があると回答したとする調査結果を明らかにした。また、新規感染者数の減少ペースは最近になり失速しており、高止まりする可能性があるとしている。

同大は2020年5月から、自宅検査キットを無作為に送付し感染調査を行っている。最新の調査は、今年1月5~20日に行われた10万607件の検査結果に基づいており、陽性率は過去最高の4.41%だった。陽性者のうち64.6%は、感染歴があると答えた被験者だという。ただし、あくまで自己申告に基づくもので、PCR検査が過去の感染に反応している可能性もあることから、実際の再感染率は不明だとしている。

ウイルスの株が特定された1,406件のうち、99%は新たな変異株「オミクロン株」で、さらにその亜種で「ステルスオミクロン」とも呼ばれる「BA.2」型も6件確認された。残りの1%はデルタ株だった。

調査を率いるポール・エリオット教授は、1月に感染が急減したのは喜ばしいが、依然として有病率は高く、減少ペースはおそらく失速していると指摘。学校が始まったことで子供の間で感染が急拡大しているほか、高齢者の感染も増えていることから入院患者が増える可能性があると懸念している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン