ビオンテック製ワクチン、99万回分が台湾に

台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、鴻海精密工業などが購入契約を結んだ米国の製薬大手ファイザーとドイツのバイオ医薬品会社ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの第16陣99万4,500回分が21日午前、台湾桃園国際空港に到着した。 同ワクチンの到着…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独政府、空港の人員確保へ 外国人の臨時雇用で数千人補填(06/28)

BMW、全工場のデジタルデータ作成へ(06/28)

ステランティス、独豪リチウム開発社に出資(06/28)

韓国サムスン、BMWに車載有機EL供給へ(06/28)

自動車部品ベーア・へラ、印西部工場が稼働(06/28)

G7首脳会議、近辺で気候変動対策デモ(06/28)

北部の風力発電所、グリーンコートが取得へ(06/27)

ルフトハンザ航空、7~8月に2200便欠航(06/27)

Ifo企業景況感、6月は悪化(06/27)

旅行TUI、CEOが9月に辞任(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン