• 印刷する

世銀、ユーロ圏成長率を4.2%に下方修正

世界銀行は11日に発表した世界経済の成長見通しの中で、今年のユーロ圏の域内総生産(GDP)が4.2%拡大するとの見方を示した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大により、サービス業での消費の回復が予想よりやや緩やかになったとして、昨年6月時点の予測から0.2ポイント引き下げた。

2021年のユーロ圏GDP成長率(推定値)は5.2%と、前回予測から1ポイント上方修正した。世銀は、ユーロ圏経済は同年第2四半期(4~6月)から第3四半期にかけて、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)による打撃から顕著な回復を見せたが、第4四半期には感染再拡大や、世界的なサプライチェーン(調達・供給網)の混乱による生産への制約、エネルギー価格高騰などにより減速したと指摘。天然ガスと電力価格の高騰が今年も続けば、ユーロ圏経済に短期的な下振れリスクをもたらすとし、特に鉱工業生産が影響を受けるとした。

ユーロ圏のGDP成長率は23年に2.1%と、さらに減速する見込み。

欧州・中央アジアのGDPは21年に5.8%増え、前年の2%減からプラスに回復。今年は3%拡大に減速する見通しだ。うちロシアは昨年の4.3%から今年は2.4%に減速し、トルコは昨年の9.5%から今年は2%へと大きく減速するとみる。

世界経済については、今年の成長率は4.1%となり、前年の5.5%から減速すると予測。昨年6月時点の予測と比べ、21、22年共に0.2ポイント下方修正している。世界経済は短期的にはパンデミックの再燃や食料・エネルギー価格の上昇、供給問題の影響を受けるとした。23年には成長率が3.2%にまで減速するとみる。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン