ファーママーの骨髄腫薬、変異株に有効

スペインのバイオ医薬品メーカー、ファーママー(PharmaMar)の多発性骨髄腫治療薬「アプリジン(Aplidin)」(一般名:プリチデプシン(plitidepsin)」が、新型コロナウイルスの患者を対象とした治験でデルタ株やオミクロン株などにも有効性を示した。生体外実験の結果として、医…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テレフォニカ、出版プリサの株式7%売却(05/20)

航空IAG、ボーイング「737MAX」50機発注(05/20)

露外務省、仏・伊などの外交官を国外追放(05/20)

欧州で「サル痘」感染が発覚=各国が警戒(05/20)

スペイン、「生理休暇」法案を閣議決定(05/19)

シーメンス・エナジー、ガメサのTOB検討(05/19)

バルセロナ近郊で列車衝突、運転士が死亡(05/18)

韓国・日進、スペインに銅箔工場を建設へ(05/18)

タレス、欧州のサイバー防衛企業2社を買収(05/18)

スペイン鉱工業生産、3月は0.1%増加(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン