• 印刷する

12月は低下も分岐点越え ユーロ圏製造業PMI確定値

金融情報サービス会社IHSマークイットは3日、12月のユーロ圏製造業PMI(購買担当者景気指数、確定値)が58になったと発表した。速報値から変化はなく、前月からは0.4ポイント低下。過去10カ月で最低となったものの、景気の「改善」と「悪化」の境目である50は、18カ月連続で上回っている。

調査対象国のうち、イタリアは62に低下。オランダは58.7と、1年ぶりの低水準となった。アイルランドは過去9カ月で最低の58.3となり、スペインは56.2で10カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。半面、ギリシャは59、オーストリアは58.7にそれぞれ上昇した。

ユーロ圏経済をけん引するドイツは57.4。速報値から0.5ポイント下方修正され、昨年1月以降で最低となった11月からは横ばいだった。生産高は2カ月続けてわずかに拡大したが、新規受注の伸び幅は2020年7月以降で最低となった。雇用は5カ月ぶりに加速した。

フランスは55.6と、速報値から0.7ポイント上方修正されたものの、前月からは0.3ポイント低下。生産高はわずかに増加し、新規受注の伸びは4カ月ぶりの高水準だった。雇用は11カ月連続で増加している。

ユーロ圏製造業PMIのサブ指数を見ると、生産高は前月からほぼ変化がなかったが、新規受注の伸び幅は昨年1月以降で最も小さかった。仕入れ価格の上昇幅は引き続き高水準にあるものの、昨年4月以降では最も縮小。出荷価格は4カ月ぶりの低水準となった。

IHSマークイットの上級エコノミスト、ジョー・ヘイズ氏は「2021年後半はユーロ圏の製造業にとって非常に厳しい時期となったが、今回の結果は(クリスマス・新年の)お祝いムードをあまり損なうものではなかった」とコメント。サプライチェーン(調達・供給網)危機が緩和し始めたという非常に喜ばしい兆候はあるものの、その恩恵はわずかなものだったと指摘している。また、インフレ率の緩和は歓迎すべきことだが、いまだ高水準にあると警鐘を鳴らした。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大統領、「外国の代理人」法案に拒否権行使(05/21)

欧州電力各社、再生エネ目標引き下げ相次ぐ(05/21)

ポーランド、国境警備強化に100億ズロチ(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

米EVテスラ、欧州フリート向けに値引き(05/21)

独、5年でGDP5.6%縮小も=EU離脱で(05/21)

中国、欧米産の工業用樹脂でダンピング調査(05/21)

欧州評議会、初のAI国際条約を採択(05/21)

モルドバ、EU加盟巡り国民投票=10月(05/20)

【EU環境規制・エネルギー】脱原発から1年、ドイツの電源に及ぼした変化(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン