ポルトガル、在宅勤務の義務化を前倒し

ポルトガル政府は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、12月25日から在宅勤務を義務化する方針を決めた。政府は既に、来年1月2~9日に在宅勤務を義務化する方針を決めていたが、新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を危惧し、これを前倒しした格好だ。臨時閣議後のコ…

関連国・地域: ポルトガル
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル与党、議会選前に支持率低下(01/24)

ポルトガル与党、選挙控え支持率過半数割れ(01/14)

ポルトガル、企業再建巡る新法を4月に施行(01/13)

オーストリア、安楽死を合法化(01/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン