• 印刷する

シェル本社移転、株主が承認 英国に機能一元化=社名も変更

英国・オランダ資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは10日、英国とオランダの二重構造となっていた株式や本社機能を英国に一本化する計画が、株主総会で承認されたと発表した。アンドリュー・マッケンジー会長は、合理的に実行可能な限り速やかに再編を進めるとしている。

今回の決議には、合わせて58%の議決権を持つ株主が参加し、99%を超える圧倒的多数の賛成を得た。可決には、75%以上の賛成が必要だった。

マッケンジー氏は、簡素化により競争力が高まるほか、2050年までに実質排出ゼロを目指す目標の達成や、株主還元を加速できると説明。オランダでは今後も、自社の大きな存在感を維持するとしている。

シェルは11月に再編計画を発表。これまで税制上の拠点をオランダとする一方、登記上の本社は英国に置き、株式もそれぞれの国で発行していたが、今後は税制上の拠点を英国に移し、株式も英国に一元化する。これに伴い、社名から「ロイヤル・ダッチ」を削除し、「シェル」に改称する。

同社の歴史は1907年、ロイヤル・ダッチ・ペトロリアム・カンパニーとシェル・トランスポート・アンド・トレーディング・カンパニーが提携して企業連合「ロイヤル・ダッチ・シェル」を形成したことに始まるが、その後も100年近くにわたり両社が持ち株会社として併存。2005年に経営統合し、取締役会を一本化したものの、本社機能や株式の二重構造は続いていた。


関連国・地域: 英国オランダ
関連業種: 金融天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン