PKNオーレン、シントスと合弁設立

ポーランドの石油大手PKNオーレンは7日、化学品メーカーのシントス(Synthos)グループ傘下でゼロ排出技術などを手掛けるシントス・グリーン・エナジーと折半出資の合弁会社を設立することで合意したと発表した。2050年までに炭素中立を実現する戦略の一環。 新会社「オーレン…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 化学天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド、入国者などの自主隔離を短縮(01/25)

ポーランド最高裁、国境報道規制に違法判決(01/21)

欧州委、罰金未払いでポーランドの基金保留(01/21)

ポーランド、SNSでの言論の自由を保護へ(01/19)

ポーランド、インフレ抑制でさらなる減税(01/13)

PKNオーレン、同業ロトスの資産を売却へ(01/13)

ポーランド当局、車両ディーラー6社に罰金(01/12)

ポーランド大統領誹謗の作家に無罪判決(01/12)

政府、ガソリンのVAT税率を引き下げへ(01/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン