露4地域、サハリン州に続き炭素取引に関心

ロシアのシベリア南東部イルクーツク州など4地域が、炭素排出量取引を実施するパイロット地域への選定に関心を示している。パイロット地域には極東のサハリン州が既に選ばれており、これに続くものとなる。環境問題を担当するアブラムチェンコ副首相の広報官の発表を元に、インタ…

関連国・地域: EUロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露国産EV開発の特別投資契約に2社が応募(01/20)

米国務長官、ウクライナ訪問=支援姿勢強調(01/20)

独、ノルドストリーム2を政治的に利用も(01/19)

ナワリヌイ氏拘束から1年、EUは釈放要求(01/19)

楽天傘下のバイバー、ロシア拠点を開設(01/19)

ロスアトム、今夏にエジプト初の原発着工へ(01/19)

ウクライナ官公庁サイトにマルウエア(01/18)

独外相、露・ウクライナ訪問 外交ルート通じた緊張緩和図る(01/18)

トルコとアルメニア、関係正常化へ協議開始(01/17)

ウクライナ政府、サイバー攻撃の標的に(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン