シュコダ、労働力不足で稼働率8割止まり

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の悪化を受けて労働力不足に陥っており、工場の稼働率が生産能力の75~80%止まりとなっている。同社役員の話として、ラジオ・プラハが1日伝え…

関連国・地域: チェコ
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ乗用車生産、2021年は4.1%減少(01/20)

チェコのフィアラ新政権、議会が承認(01/17)

プラハ空港、21年の利用者数は19.7%増加(01/14)

シュコダ、2021年の販売台数は12.6%減少(01/13)

チェコ、2033年までに石炭脱却へ=原発推進(01/11)

チェコの5党連立政権、政策綱領を公表(01/10)

チェコ新車登録台数、12月は20.3%減少(01/10)

チェコ、陽性者の隔離期間を5日間に短縮(01/07)

チェコでワクチン義務に警官などが反対署名(01/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン