• 印刷する

日本、外国人・帰国者の入国規制を強化

日本政府は29日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、外国人の新規入国を原則停止すると発表した。日本人帰国者に適用するルールも併せて強化している。新たな規制は30日午前0時(日本時間)から発効し、当面は年末まで継続する方針。

オミクロン株が確認された国・地域などからの日本人帰国者には、政府の指定宿泊施設で3~10日間の待機を要請する。入国後3日目と6日目に改めて検査を受け、いずれの検査でも陰性と判定されれば、指定宿泊施設を退所できる。その後は、健康状態や位置情報確認を続けた上で、入国後14日間は自宅などでの待機が求められる。

29日時点の決定で指定宿泊施設での10日間の待機が求められるのは、最初にオミクロン株が確認された南アフリカや、周辺国のアンゴラ、ザンビア、マラウイ、モザンビーク、エスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、レソトの計10カ国からの帰国者となる。

オミクロン株の感染者が確認された英国、イタリア、オランダ、イスラエルなど計7カ国からの帰国者は6日間の待機が求められる。また、欧州諸国のうちドイツ、フランス、ベルギー、オーストリア、チェコ、デンマーク、トルコ、ロシア(沿海地方・モスクワ市)などからの帰国者は3日間の待機が求められる。


関連国・地域: EUアジア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU、対露経済制裁を7月末まで延長(01/17)

【今週の主な予定】1月17~21日(01/17)

ウクライナ政府、サイバー攻撃の標的に(01/17)

欧州経済、今年は完全回復か 弊社ウェビナーで伊藤氏解説(01/17)

ユーロ圏貿易収支、11月は赤字転落(01/17)

<特別寄稿>2022年の欧州政治展望(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン