• 印刷する

欧州委、EU域内への渡航規制緩和を提案

欧州委員会は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)対策で導入している、欧州連合(EU)域内への渡航規制の緩和を提案した。規制適用は出発国別ではなく個人のワクチン接種状況で判断すべきとし、加盟27カ国が規制面で足並みを揃える重要性も主張している。

改定案では、EU域内共通の新型コロナワクチン接種証明書「EUデジタルCOVID証明書」の保有者には、出発国にかかわらず、検査や隔離などの追加規制を適用しないことを提案。ワクチン接種証明書の有効期限は2回目接種から9カ月にEU全体で統一し、欧州医薬品庁(EMA)が承認していない新型コロナワクチンを接種した渡航者には引き続き、PCR検査の陰性証明書の提示を義務付けることを提言している。

こうした一連の改定は、来年1月にも発効される可能性がある。

欧州委のレンデルス司法担当委員は声明で、欧州委の勧告の目的は加盟27カ国全体で規制における一貫性を向上することと説明。「国ごとの異なるアプローチは、COVID証明書制度への信用を損なう深刻なリスクとなり、EUの自由な移動も傷つける」と指摘した。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【クルマの新時代】「持たない」は未来か "ネトフリ化"の裏に眠るモビリティーの真価(05/27)

欧州委、VWのヨーロッパカー買収を承認(05/27)

パリ―ベルリンの高速鉄道、来年末にも開業(05/27)

英政府、通信アルティスのBT株取得を調査(05/27)

欧州委、対露制裁の新法案 取り締まり強化で資産押収容易に(05/26)

ステランティス、米でEV電池工場設立へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン