米、20カ月ぶりにEU市民らの入国許可

米国は8日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)開始以来、20カ月ぶりに外国人の入国を許可した。これまでは米国籍保有者や居住者などに限り入国を許可していたが、この日からシェンゲン協定加盟26カ国や英国、中国など計33カ国からワクチン接種完了者の渡航を受け…

関連国・地域: EU米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州航空・鉄道論】航空会社も頭悩ます渡航書類 デジタル不慣れだと不利な場面も(12/07)

ロシュ、コロナとインフルの鑑別検査を販売(12/07)

ベラルーシ、制裁発動国からの輸入を制限(12/07)

欧州各地でコロナ規制反対デモ=警察と衝突(12/07)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

トヨタ、西欧でゼロ排出化 全新車35年までに=欧州規制準拠(12/06)

【今週の主な予定】12月6~10日(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン