ラトビア、ワクチン証明なければ解雇可能に

ラトビア議会(一院制、定数100)は、新型コロナウイルスのワクチンを既に接種したか、感染から回復した証拠を提示できない従業員を企業が解雇することを認める改正法案を可決した。 企業は今後、こうした証明を必要とする社内グループを指定することが義務付けられ、従業員は15日…

関連国・地域: ラトビア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア、ワクチン接種拒む議員の登院禁止(11/16)

ラトビア、ワクチン証明なければ解雇可能に(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン