• 印刷する

VW、第3四半期は12%減益 半導体不足の影響が深刻

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は28日、第3四半期(7~9月)の営業利益(特別損益除く)が27億9,800万ユーロとなり、前年同期比12.1%減少したと発表した。世界的な半導体不足の影響は深刻で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受けた前年同期よりも大きく減少した。

売上高は4.1%減の569億3,100万ユーロ。純利益は29億300万ユーロと、5.6%拡大した。販売台数は29.9%減の180万5,000台だった。

グループの営業利益率(特別損益除く)は4.9%と、0.5ポイント減少している。

VWは通期について、納入見通しを下方修正し、前年並みを見込んでいるとした。一方で、売上高は前年の水準を大きく上回るとみる。特別損益を除いた営業利益率については目標を6~7.5%で維持した。

ヘルベルト・ディース最高経営責任者(CEO)は「当期の結果は、数量における生産性向上を体系的に推進する必要があることを改めて示している」とコメントした。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、ガス供給巡りトラフィギュラに融資保証(12/06)

VW、新ソフト戦略を監査役会に提示へ(12/06)

独リリウム、英市場に参入=現地社と提携(12/06)

BMW、銅採掘技術の米ジェッティに出資(12/06)

BMW、航続距離3割増しの次世代セル開発(12/06)

VW傘下のカリアド、パラゴンの子会社買収(12/06)

独の移民流入、今年は120万人で記録更新も(12/06)

独経済省、中国への貿易依存脱却を提案(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

VW、北米初の電池工場はカナダが最有力(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン