独警察、武装した極右自警団を取り締まり

ドイツの警察は24日、ブランデンブルク州南部グーベン(Guben)近郊のポーランド国境で、移民の不法入国を阻止するためにパトロールしていた極右の自警団50人超を取り締まったと明らかにした。同自警団は唐辛子スプレーや銃剣、なた、警棒などで武装していた。ロイター通信などが伝…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独、ノルドストリーム2を政治的に利用も(01/19)

ウクライナ支援、英独の姿勢に温度差(01/19)

独景気期待指数、1月は大幅に改善(01/19)

独農業相、「動物福祉ラベル」導入を提案(01/19)

独ホテルチェーン、サウジで高級ホテル開発(01/19)

独各地でコロナ規制反対デモ=7万人参加(01/19)

EU財政規律見直し、独仏の対立鮮明に(01/19)

コロナパス導入国、経済効果を確認=研究(01/19)

独外相、露・ウクライナ訪問 外交ルート通じた緊張緩和図る(01/18)

ショルツ首相、スペイン首相と会談(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン