ラトビア、21日から約1カ月のロックダウン

ラトビアのカリンシュ首相は18日、国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、21日から11月15日までロックダウン(都市封鎖)を導入する計画を発表した。大半の店舗や娯楽施設、学校が閉鎖となる見通し。 カリンシュ首相はこの日、危機管理委員会を招集し、迅速な対応が必要…

関連国・地域: ラトビア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア、ワクチン接種拒む議員の登院禁止(11/16)

ラトビア、ワクチン証明なければ解雇可能に(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン