• 印刷する

ANA、エアバス「A380」の3号機受領

全日本空輸(ANA)は15日、航空・防衛大手エアバスの超大型機「A380」の3号機を受領したと発表した。エアバスによると、同型機の納入残はあと2機だが、仏南西部トゥールーズの拠点からの引き渡しは今回が最後となる。

ANAは13日に同機体を受け取った。同機体は15日午後5時30分(現地時間)にトゥールーズ空港を出発し、16日午後1時に成田空港へと到着する。

ANAは同型機を3機発注していたが、新型コロナ危機の影響を受け、最後の1機の受け取りを保留していた。

ANA向けの「A380」は、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席の520席仕様。ハワイで神聖な生き物とされるウミガメをモチーフにした特別塗装機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」として、計3機の機体それぞれに異なるカラーリングが施されている。3号機は、ハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジの塗装となっている。[日本企業の動向]

ANA向け「A380」の特別塗装機(さかいもとみ撮影)

ANA向け「A380」の特別塗装機(さかいもとみ撮影)


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

トタル、国内最大の太陽光発電所を開所(11/30)

高級ブランドLVMH、新鋭デザイナー死去(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

仏、移民問題巡る会議から英国を除外(11/29)

仏、ブースター接種対象を全成人に拡大(11/29)

仏漁師、港を封鎖し英の漁業権拒否に抗議(11/29)

ルノー、空飛ぶ車「AIR4」公開(11/29)

仏消費者信頼感、11月はわずかに悪化(11/29)

通信オレンジのCEOが辞任=有罪判決受け(11/26)

英仏海峡で移民27人死亡 ボート沈没、過去最悪の事故に(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン