• 印刷する

欧州委、ガス高騰の対策発表 減税や補助金支給を提案

欧州委員会は13日、世界的なエネルギー価格の高騰に対処するため、「エネルギー価格に関する指針」を採択した。減税や補助金支給といった家庭・企業への経済的支援、再生可能エネルギーへの投資支援などの対策が盛り込まれている。

欧州委は短期的対策として、◇EU排出権取引制度(EU―ETS)の収入から資金を拠出した、エネルギー料金の一部肩代わりなどによる消費者への所得補助◇一時的な支払い猶予の許可◇貧困家庭を対象とした臨時減税◇企業や産業界への補助金支給◇エネルギー市場における反競争行為の調査◇再生エネへのアクセス拡大――などを挙げている。

中期的施策では、エネルギーシステムの脱炭素化と強靭(きょうじん)化を軸に、◇再生エネと刷新、エネルギー効率への投資を強化し、再生エネ入札・許可手続きを加速する◇電池や水素を含むエネルギー備蓄能力を拡大する◇欧州のガス備蓄の効率的利用のために関連規制の改定を検討する◇加盟国によるガス共同調達の可能性を模索する――などを提案している。

シムソン・エネルギー担当欧州委員は14日に欧州議会で、26日にはエネルギー担当相会合でこれら対策を発表する。21~22日に開催される欧州理事会では、エネルギー価格高騰が議題に上がる予定。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エネルギー危機がCOP26に突き付ける課題 <連載コラム・エネルギーTODAY>第55回(10/22)

ナワリヌイ氏、欧州議会の人権賞受賞(10/22)

欧州中銀、銀行業務の域内移管へ指導強化(10/22)

グリーン投資基準、原子力巡る判断先送りへ(10/22)

西バルカンの成長率、5.9%に回復へ=世銀(10/22)

イケアなど9社、海上輸送の脱炭素化に参画(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン