仏政府、安定電源として原発を再評価

フランスのマクロン大統領は12日、革新的な技術などに300億ユーロを投じる計画「フランス2030」の一環として、2030年までに小型モジュール炉など原子力発電に10億ユーロを投資すると発表した。ガス価格の高騰や地球温暖化対策の強化を背景に、安定的で二酸化炭素(CO2)を排出し…

関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アルストム、スペインで年内に200人超採用(10/22)

ジオポスト、UAEの物流会社に20%超出資(10/22)

自動車ルノー、半導体不足で30万台減産か(10/21)

ケリング、第3四半期は12.2%増収(10/21)

仏政府、ガソリンバウチャーの給付を検討(10/20)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

ANA、エアバス「A380」の3号機受領(10/18)

仏、ヘルスパス制度を来年7月まで延長可に(10/18)

左派・社会党、大統領選候補にパリ市長選出(10/18)

仏インフレ率、9月の改定値は2.2%(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン