国内法優先判断、EUとの関係巡り世論二分

ポーランドの憲法裁判所が先に下した、特定の問題について欧州連合(EU)法よりも国内法を優先する場合があるとの判断を巡り、国民の42.9%が欧州連合(EU)離脱の始まりと考えていることが、世論調査機関IBRiSが実施した最新調査で分かった。地元紙ジェチポスポリタが12…

関連国・地域: EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド、インフレ抑制でさらなる減税(01/13)

PKNオーレン、同業ロトスの資産を売却へ(01/13)

ポーランド当局、車両ディーラー6社に罰金(01/12)

ポーランド大統領誹謗の作家に無罪判決(01/12)

政府、ガソリンのVAT税率を引き下げへ(01/10)

ポーランド中銀、4会合連続で利上げ(01/06)

韓国・ポスコ、東欧でEV部品工場計画(01/06)

ポーランド新車登録台数、12月は29.8%減少(01/06)

ポーランド乗用車生産、11月は37.2%減少(01/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン