• 印刷する

英・ノルウェー間の海底電力ケーブルが開通

英国・ノルウェー間の初の国際連系線となる「ノースシーリンク(NSL)」が1日、開通した。海底電力ケーブルとしては世界最長で、再生可能エネルギー由来の電力を相互に融通し合う。同プロジェクトに共同出資するノルウェー国営の送電網会社スタットネットと英国の送電大手ナショナル・グリッドが発表した。

NSLは、ノルウェー南部クビルダルから英イングランド北東部のノーサンバーランド州ブライズまでの720キロメートルを結ぶもので、総工費は16億ユーロ。2018年に敷設が開始されていた。

設置容量は1,400メガワット。まず最大700メガワットで試験的な通電を行い、3カ月かけて徐々に送電量を容量まで拡大する。

英国内の電力需要が高く、風力発電量が少ない時には、NSLを通じてノルウェーの水力発電所から英国に140万戸分の電力が安定供給される。一方、気象条件によりノルウェーの貯水量が低下した場合、英国の電力需要が低く風力に恵まれていれば、英国の風力発電所からノルウェーに余剰電力を供給する。

ナショナル・グリッドは、これにより30年までに炭素排出量を2,300万トン減らすことができるとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ノルウェー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

SOBI、アドベントとGICが買収案撤回(12/07)

英、入国前検査を再び義務化 オミクロン株流行で全渡航者対象(12/07)

ベラルーシ、制裁発動国からの輸入を制限(12/07)

英新車登録台数、11月は1.7%増加(12/07)

英、薬物対策を強化=犯罪組織2千件摘発へ(12/07)

セルフリッジ、タイ流通大手が買収で合意か(12/07)

トラック運転手不足に改善の兆し=業界団体(12/07)

シェル、北海のカンボ油田開発から撤退(12/06)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン