仏、「過激派」疑いのモスクと団体を解散へ

フランス政府は、国内のイスラム教のモスク6カ所を閉鎖し、「過激派」と疑われる複数の関連団体を解散させる方針のようだ。ダルマナン内相へのインタビューを元に、仏紙ルフィガロが28日伝えた。 ダルマナン内相は、2020年11月以降、諜報機関により「過激派」として疑われている…

関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏新車登録台数、11月は3.2%減少(12/02)

極右の論客ゼムール氏、大統領選出馬を表明(12/02)

サノフィ、にきび治療薬開発のオリジム買収(12/02)

仏GDP、3%拡大 コロナ危機前の水準=第3四半期(12/01)

仏与党連合、マクロン氏支持の団体立ち上げ(12/01)

トタル、米社とバイオメタン生産施設に着工(12/01)

仏の人口、2044年にピーク=統計局予測(12/01)

トタル、国内最大の太陽光発電所を開所(11/30)

高級ブランドLVMH、新鋭デザイナー死去(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン