• 印刷する

トタル、中国・三峡とEV充電網で提携

フランスの石油・ガス大手トタルエナジーズは28日、中国の水力発電大手、中国長江三峡集団(CTG)との折半出資により、中国で電動モビリティー分野の合弁会社を設立することで合意したと発表した。

両社は合弁会社を通じて、湖北省で電気自動車(EV)の充電インフラとサービスを開発し、2025年までに一般向けに1万1,000カ所超の充電ポイントを設置・運営する計画。充電器の出力は60~120キロワットで、1カ所当たり20~50台に対応できる。企業の敷地内に専用充電設備も設置する。いずれも電力の大半を再生エネルギーで賄う。

中国は60年までに炭素中立を実現することを目標に掲げる。モビリティー分野でのエネルギー需要の急拡大を受け、EV普及率は今後数年で大幅に上昇するとみられている。それに伴い、既存の充電網の拡充が必要になる。

トタルエナジーズは既に、アムステルダムやパリ、ロンドンで3万カ所弱の充電ポイントを運営。アジアでは7月に、シンガポールで充電ポイント1,500カ所を取得した。[環境ニュース]


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏領ニューカレドニアで暴動=非常事態宣言(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

商船三井、トタルとLPG船契約=環境配慮(05/17)

燃料管理オープンエア、比航空と提携(05/17)

ルノー、自動運転ミニバス開発へ(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

PVセルのホロソリス、大型工場建設へ(05/16)

印ITタタ、パリにAI研究拠点を設置(05/16)

パリ、ごみ収集員がスト=市は即座に対応(05/16)

「チューズ・フランス」、過去最高額を誘致(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン