英、ウェールズに新原発か=米WHと協議

英政府は、ウェールズ北西岸に接するアングルシー島に大型の原子力発電所を新設する計画を再検討しているもようだ。米国の原子力大手ウエスチングハウス・エレクトリック(WH)と協議を進めており、総工費は数十億ポンドに上る可能性があるという。同島では日立製作所が昨年、原…

関連国・地域: 英国
関連業種: その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英当局、米メタにジフィー売却を指示(12/02)

エルステッド、アマゾンに再生エネ追加供給(12/02)

モリソン、養鶏飼料の大豆を昆虫に切り替え(12/02)

ブループリズム、米社への身売りで合意(12/02)

コインシェアーズ、仏フィンテック社を買収(12/02)

英コンサル企業、シンガポール同業を買収(12/02)

英、全成人にブースター接種 オミクロン株対策へ間隔も短縮(12/01)

イージージェット、通期は赤字拡大(12/01)

国際送金ワイズ、上半期は13%減益(12/01)

バルバドス、エリザベス女王の君主制廃止(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン