グローバリア、支援終了なら6割一時帰休も

スペインの航空エア・ヨーロッパの親会社である旅行会社グローバリアは、9月末に期限を迎える政府の賃金補助制度が延長されない場合、従業員6割を一時帰休させる方向で労働組合と協議に入る方針のようだ。同社の広報担当の話を元に、ロイター通信が22日伝えた。 グローバリアは…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 運輸雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

アルストム、スペインで年内に200人超採用(10/22)

スペイン政府、レイオフ制度を1年延長も(10/19)

スペイン首相、売春行為の違法化を宣言(10/19)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

EQT、通信アダモを仏アルディアンに売却(10/13)

スペイン元警察トップ、脅迫など巡る公判へ(10/12)

シデノール、バサウリ工場の操業を年内停止(10/12)

スペイン鉱工業生産、8月は1.8%増加(10/11)

スペイン、新たな住宅法で家賃に規制導入も(10/07)

スペイン新車登録、9月は15.7%減少(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン