• 印刷する

1月のユーロ圏インフレ率、横ばいの2.7%に

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは1日、1月のユーロ圏17カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比2.7%上昇したと発表した。昨年12月から伸びが横ばい。欧州中央銀行(ECB)が目標とする2%をなおも上回っているものの、物価上昇圧力が弱まっていることで、同行が追加利下げに踏み切る可能性が現実味を帯びてきた。

ユーロ圏のインフレ率は、昨年11月まで3カ月連続で3%に達していた。そうした中、ECBは昨年末に2カ月連続で0.25ポイントの利下げを実施。景気の下支えを優先した形だが、12月の月次報告では、数カ月後にインフレ率が2%を割り込むとの予想を示した。1月の理事会では金利を過去最低の1%に据え置くことを決めたが、早ければ今月にも追加利下げが行われるとの見方もある。

なお加盟国別のインフレデータは、2月29日に発表される予定。


関連国・地域: EU
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

首相、離脱方針の新提案公表 与野党から内容に批判噴出(05/23)

中欧4カ国、担当相らが高速鉄道の建設支援(05/23)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

日欧EPA、活用するチェコ企業は3分の1(05/23)

閣僚理事会、使い捨てプラ規制案を採択(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

チェコ新法相への抗議デモ、5万人に拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン