• 印刷する

1月のユーロ圏インフレ率、横ばいの2.7%に

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは1日、1月のユーロ圏17カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比2.7%上昇したと発表した。昨年12月から伸びが横ばい。欧州中央銀行(ECB)が目標とする2%をなおも上回っているものの、物価上昇圧力が弱まっていることで、同行が追加利下げに踏み切る可能性が現実味を帯びてきた。

ユーロ圏のインフレ率は、昨年11月まで3カ月連続で3%に達していた。そうした中、ECBは昨年末に2カ月連続で0.25ポイントの利下げを実施。景気の下支えを優先した形だが、12月の月次報告では、数カ月後にインフレ率が2%を割り込むとの予想を示した。1月の理事会では金利を過去最低の1%に据え置くことを決めたが、早ければ今月にも追加利下げが行われるとの見方もある。

なお加盟国別のインフレデータは、2月29日に発表される予定。


関連国・地域: EU
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロシアとウクライナ、感染死者数が過去最多(10/20)

【欧州企業よもやま話】第342回:カップフィー 環境にも体にも優しく(10/20)

欧州委、ポーランドの国内法優先巡り制裁も(10/20)

ECB、気候変動ストレステスト実施へ(10/20)

北欧航空4社、地方便でマスク着用義務撤廃(10/20)

ユーロ圏建設業生産、8月は1.3%減少(10/20)

EUとカタール、航空協定を締結(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン