• 印刷する

シェル、第4四半期は13%増益

英蘭資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは2日、第4四半期(2011年10~12月)の純利益(在庫評価変動の影響除く)が64億5,900万ドルとなり、前年同期と比べ13%拡大したと発表した。製油事業の利益率低下や北米の天然ガス価格下落にもかかわらず、原油価格の高騰を背景に増益を確保している。

川上部門の純利益(特別損益除く)は48%増の51億700万ドル。ただ、石油・ガスの生産量は原油換算で日量330万5,000バレルと、1年前に比べ約5%縮小している。一方、製油事業など川下部門の純損益は4億8,200万ドルの黒字から2億7,800万ドルの赤字に転落した。

通期の純利益は、前期比54%増の286億2,500万ドルだった。ピーター・ボーザー最高経営責任者(CEO)は、今後も世界経済やエネルギー市場の激しい変動が予想されるものの、景気サイクルを通じて投資を行い持続的成長を目指したいとしている。今年は300億ドルの投資を見込んでおり、うち80%を川上部門に充てる予定。


関連国・地域: 英国オランダ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、予定通り隔離規制緩和へ 8月16日からワクチン完了者対象(07/30)

乗用車生産、6月は22.1%増加(07/30)

アストラゼネカ、ワクチンで増収も25%減益(07/30)

石油シェル、第2四半期は黒字復帰(07/30)

政府、高温ガス炉の実証プログラム実施へ(07/30)

ホンダ英工場が7月末で閉鎖 36年の歴史に幕、地元への影響大(07/29)

アナドル、食品配達ゲティルと提携協議(07/29)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

英国で7日連続感染減少、専門家も困惑(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン