ボーダフォン、第3四半期は2.3%減収

携帯電話サービスで世界最大手のボーダフォンは9日夕、第3四半期(2011年10~12月)の売上高が116億1,800万ポンドとなり、前年同期から2.3%減ったと発表した。最大市場の欧州での需要低迷や値下げ競争の激化が響いた。

事業買収・売却や為替変動の影響を除いた実質ベースで見ると、1.6%の増収。売り上げの大半を占めるサービス収入は0.9%増えたが、うち主力の欧州は1.7%の減収。イタリアやスペインなど南欧の不振が足を引っ張った。一方、アフリカ・中東・アジア太平洋は7.6%拡大し、特にインドが20%増と好調だった。

部門別では、主力の音声収入が4.7%減少。一方、データ収入は21.8%増加し、サービス収入全体の15%近くを占めるまでに成長している。

ボーダフォンは通期について、データ収入と新興市場の好調が続き、当初の予想通り114億~118億ポンドの営業利益を計上できると自信を示している。


関連国・地域: 英国イタリアスペインアジアアフリカ中東
関連業種: 経済一般・統計IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン