• 印刷する

石油トタル、第4四半期は12.8%増益

石油メジャーのトタルは10日、第4四半期(2011年10~12月)の純利益(在庫評価変動の影響と特別項目除く)が22億9,000万ユーロとなり、前年同期比12.8%増えたと発表した。欧州の川下事業が不振だったものの、原油価格の高騰が追い風となった。

川下事業は16.5%の減益。化学部門は70%減と大幅に落ち込んだ。一方、主力の川上事業は20.7%伸びている。

グループの売上高は18.2%増の474億9,200万ユーロ。石油・ガスの生産量は原油換算で日量238万4,000バレルと、1年前からほぼ横ばいだった。同社は昨年、アンゴラでの新規油田開発に成功しており、今年には生産量がプラスに転じるとみている。

通年の純利益は16.1%増の122億7,600万ユーロ。売上高は1,846億9,300万ユーロと、16%伸びている。クリストフ・ドマルジュリー会長兼最高経営責任者(CEO)は、2012年も成長を維持できるとみており、年内に200億ドルの投資を予定している。


関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 化学天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏GDP、第3四半期は0.2%拡大=改定値(12/02)

半導体STマイクロ、ソイテックと提携強化(12/02)

仏新車登録台数、11月は9.8%増加(12/02)

アリアンスペース、衛星5基の打ち上げ受注(12/02)

フランスパン「バゲット」、無形文化遺産に(12/02)

チェコ新原子炉、仏EDFなど3社が応札(12/01)

エアバスとルノー、バッテリー開発で提携(12/01)

チーズのベル、印食品ブリタニアと合弁設立(12/01)

露政府、仏ルノー金融子会社の売却を承認(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン