• 印刷する

ボーダフォン、通信CWWの買収を検討

携帯電話大手ボーダフォンは13日、通信大手ケーブル・アンド・ワイヤレス・ワールドワイド(CWW)の買収について検討を始めたと発表した。ただし買収による利点を評価する初期段階で、具体的な提案にいたるか確実ではないと説明している。

今回の発表は12日付サンデー・タイムズの報道を受けたもの。同紙は、ボーダフォンがCWWに7億ポンドで買収を提案することを検討しており、英投資会社エイパックス・パートナーズも買収に関心を示していると報じていた。ボーダフォンは提案する場合には現金での取引になると明らかにしている。

CWWは2010年にケーブル・アンド・ワイヤレス(C&W)から分かれて誕生し、企業や公的機関を対象に事業を展開。もう一方のC&Wコミュニケーションズ(CWC)は一般消費者が対象となっている。しかし分離後にCWCの業績は振るわず、株価は過去1年間で約75%も値下がりしていた。今回の発表により株価は13日に約30%上昇している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>2月 NIGEL’S INSIGHT(03/22)

ユーロスター、4月までの利用自粛呼び掛け(03/22)

EU、英国の離脱延期で合意 協定可決条件に5月22日まで(03/22)

二輪ベネリ、印で8~9モデル発売へ(03/22)

トヨタ、英工場でスズキの新型車生産(03/22)

港湾運営ピール・ポーツ、リバプールで増員(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

小売売上高、2月は0.4%増加=食品が不振(03/22)

英中銀、政策金利を0.75%に据え置き(03/22)

ボッシュの包装技術事業、独伊2社が入札へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン