• 印刷する

台湾PCのエイサー、欧州で営業予算を倍増

台湾のパソコンメーカー、エイサー(Acer)は欧州市場でのシェア回復を目指し、今年のマーケティング予算を昨年から倍増する。新たに欧州・アジア・アフリカ総経理に就任したオリバー・アーレンス氏の話として、フィナンシャル・タイムズが伝えた。

米ガートナーによると、エイサーは西欧のPC市場で、シェアが昨年第4四半期に13.4%と前年同期の20.8%から大きく落としている。

ドイツ、英国、フランスなど主要市場を重点に据える。ユーロ圏債務危機により南欧市場は厳しいが、これら3カ国は影響が比較的軽微とみている。昨年春に電撃辞任し中国のパソコン(PC)大手、聯想(レノボ)の顧問に就任したジャンフランコ・ランチ前執行長がイタリア人で、南欧を得意としたのに対し、アーレンス氏はドイツ人で西欧、北欧に通じている。

アーレンス氏はこれまでのエイサーのマーケティング広告は「やや時代遅れだった」と述べ、コカ・コーラや家具販売イケア(IKEA)の広告を手がけた英広告代理店マザーに依頼して、改めてエイサーのブランドイメージを確立する。【NNA台湾】


関連国・地域: EUアジア
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

CO2不足、欧州でも深刻化の恐れ(09/23)

東風汽車、欧州にNEV10万台輸出へ(09/23)

欧州司法裁、炭鉱閉鎖巡りポーランドに罰金(09/22)

エアバスなど、航空業界の水素利用促進へ(09/22)

【欧州企業よもやま話】第340回:レミーコアントロー 夜の酒場に香るオレンジ(09/22)

露政府がリトビネンコ氏殺害に関与=人権裁(09/22)

エクイノール、欧州へのガス輸出拡大へ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン