• 印刷する

ドイツ鉄道、3度目のストへ 9月1~7日に運行最大7割減も

ドイツの鉄道運転士労組GDLは、9月1~7日にストライキを実施する。賃上げとボーナス支給を巡るドイツ鉄道(DB)との交渉がもつれているため。GDLは8月にも2度のストを行ったが、今回は期間が長期化された格好だ。

貨物列車のストは9月1日午後5時(現地時間)から、旅客列車は2日午前2時から始まり、共に7日の午前2時まで続く。8月のストでは、長距離列車や都市部の鉄道運行が平常時の30~40%に削減されており、今回も同様の水準になるとみられる。

GDLは、今年に1.4%の賃上げと新型コロナウイルス特別手当600ユーロの支給、来年にさらに1.8%の賃上げを求めている。これに対してDBは、今年は賃金を据え置くが、来年と再来年に2段階に分けて計3.2%引き上げることを提案。また、新型コロナ特別手当の検討には同意したが、具体的な金額は示していない。

DBは3度目のスト突入について「正当化されるものではない」と批判。一方、GDLは、さらに長期のスト実施の可能性も示唆している。運転士らは8月10~13日、21~25日にもそれぞれストを行った。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

VW、本社の生産台数が激減 過去60年超で最少に=半導体不足(10/22)

SPD、下院議長に女性指名=史上3人目(10/22)

テスラの工場建設巡る意見公募、再実施へ(10/22)

バス運営フリックス、グレイハウンド買収(10/22)

企業ソフトのSAP、第3四半期は14%減益(10/22)

アディダス、フィリピンに東南ア最大店開業(10/22)

3党連立案、デジタル化を重視 未来志向の投資方針示す(10/21)

生産者物価、9月は過去46年超で伸び最大(10/21)

ワイトマン連銀総裁、年内で退任(10/21)

欧州一般裁、ルフトハンザの資産買収を支持(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン