スペイン産モデルナ製ワクチンに異物混入

日本の厚生労働省は26日、米国のバイオ医薬品会社モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンに異物が混入していたとして、約163万回分の使用見合わせを要請したと発表した。問題となったワクチンはスペインの製薬ラボラトリオス・ファルマセウティコス・ロビが委託生産したもの…

関連国・地域: スペインアジア米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

イベルドローラ、プロソリアと太陽光発電(09/24)

グローバリア、支援終了なら6割一時帰休も(09/24)

スペインGDP、第2四半期は1.1%拡大(09/24)

豪サンドファイアー、スペイン南部銅山取得(09/24)

ラパルマ島の噴火、最長3カ月続く可能性も(09/24)

イベリア航空、労組と解雇制度を直接交渉も(09/22)

カナリア諸島の噴火、避難地域が拡大(09/22)

ヴェスタス、欧州3カ国で生産停止へ(09/21)

カナリア諸島ラパルマ島で噴火=5千人避難(09/21)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン