【欧州企業よもやま話】第338回:バイエル アスピリンの生みの親

世界的に使用されている解熱鎮痛剤「アスピリン」。日本ではこれが正式名称になっているが、実はドイツの製薬・化学大手バイエルが付けたアセチルサリチル酸の商標名だ。医療用医薬品、市販薬から農業関連事業まで、創業150年以上を誇るバイエルが築いた事業基盤は生活上のさまざま…

関連国・地域: EU
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

越ビンファスト、欧州でEV販売網拡大へ(09/28)

【今週の主な予定】9月27日~10月1日(09/27)

ポーランド南東部の県、反LGBT宣言撤回(09/27)

欧州商用車登録台数、8月は3.6%減少(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン