• 印刷する

ルノー、中国・吉利とハイブリッド車で提携

フランスの自動車大手ルノーは9日、中国の自動車大手、浙江吉利控股集団と中国および韓国でのハイブリッド車(HV)の製造・販売で提携する覚書を結んだと発表した。急速に拡大する中国のエコカー市場に食い込む狙い。

両社は中国で合弁会社を新設し、ルノー・ブランドのハイブリッド車(HV)を製造・販売する。ロイター通信によると、技術や部品、生産施設は淅江吉利が提供し、ルノーは販売・マーケティングに注力する。また韓国では吉利のブランド「LYNK&CO(領克)」のブラットフォームを用いたHVを合弁で生産する計画。今後、他のアジア市場を対象に新たな提携も検討する。

ルノーは2020年4月、中国の東風汽車集団(DFG)とのガソリン車合弁事業から撤退。中国ではその後、同国の自動車大手、華晨汽車集団との合弁商用車メーカー、華晨雷諾金杯(華晨ルノー金杯)と、江鈴汽車(JMC)との合弁電気自動車(EV)メーカー、江西江鈴集団新能源汽車(JMEV)に専念していた。

淅江吉利は、中国の民間自動車会社としては販売台数で首位。スウェーデンの同業ボルボ・カーの親会社で、ドイツの同業ダイムラーの少数株も保有する。フィナンシャル・タイムズによると、同社は米国のEV大手テスラに対抗するため、インターネット検索エンジン大手の百度(Baidu)などの提携先にEVアーキテクチャーを公開している。[環境ニュース]


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏領ニューカレドニアで暴動=非常事態宣言(05/17)

商船三井、トタルとLPG船契約=環境配慮(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

燃料管理オープンエア、比航空と提携(05/17)

ルノー、自動運転ミニバス開発へ(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

PVセルのホロソリス、大型工場建設へ(05/16)

印ITタタ、パリにAI研究拠点を設置(05/16)

パリ、ごみ収集員がスト=市は即座に対応(05/16)

「チューズ・フランス」、過去最高額を誘致(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン