• 印刷する

バイエル、米バイオ医薬品会社を買収

ドイツの製薬・化学大手バイエルは5日、米国のバイオ医薬品会社ビビディオン(Vividion)・セラピューティクスを買収すると発表した。取引額は最大20億ドル。低分子分野を強化し、モダリティーの拡大を狙う。

バイエルは15億ドルの前払い金に加え、最大5億ドルのマイルストーン(事前に取り決めた案件が実現したときに支払われる一時金)を支払うという。9月末までの取引完了を見込む。

同社は今回の買収により、化学薬品とタンパク質の相互作用を分析することで治療薬を発見するケモプロテオミクス技術を含む、ビビディオンのプラットフォームを取得。同社の技術は、前臨床試験で腫瘍や免疫疾患への適応性が証明されているほか、他の分野での治療に活用を拡大できる可能性があるとしている。

■第2四半期は赤字縮小

バイエルは併せて、第2四半期(4~6月)の純損失が23億3,500万ユーロとなり、前年同期の95億4,800万ユーロから赤字が縮小したと発表した。新型コロナウイルス対策規制の緩和で、処方薬の売り上げが大きく回復。しかし、買収した米農業化学大手モンサントの除草剤被害を巡る訴訟費用が、依然として利益を圧迫している。

売上高は8%増の108億5,400万ユーロ。EBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)は10.6%減少し、25億7,700万ユーロだった。

同社は今年の売上高(為替変動の影響除く)の見通しを440億ユーロに引き上げた一方、EBITDA(為替変動の影響・特別損益を除く)については112億~115億ユーロとの予想を維持している。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、移民規制の緩和で基本合意(12/02)

ボッシュの自動駐車ソフト、独で承認(12/02)

横浜ゴム、独で情報セキュリティー認証取得(12/02)

小売売上高、10月は2.8%減少(12/02)

メルセデス、越で3ブランド大幅値上げ(12/02)

Bグリム、タイで熱電併給発電所を稼働(12/02)

独、送電テネット出資巡りオランダと協議(12/01)

独製造業界、原材料不足が緩和=Ifo(12/01)

VW、台湾フォックスコンに製造委託も(12/01)

インフレ率、11月は10%に減速=速報値(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン