• 印刷する

日立、仏タレスの事業買収 鉄道信号システムで世界トップへ

日立製作所は4日、鉄道システム事業のグループ会社、日立レールがフランスの防衛エレクトロニクス大手タレスの鉄道信号関連事業を買収することを決定したと発表した。取引額は16億6,000万ユーロ。鉄道信号システム事業をグローバルに拡大する狙い。取引は、当局の承認を得た上で、2022年後半までの完了を見込む。

タレスの鉄道信号関連事業は、鉄道信号システムのほか、鉄道運行管理システム、通信システム、チケッティングの分野で世界を主導し、2020年の売上高は16億ユーロ。世界42カ国に約9,000人の従業員を擁する。

日立は同事業を買収することにより、競争力の高いターンキーソリューションを新たな地域に展開する方針。また、事業の統合により信号システム事業で世界のトップ企業を目指すとともに、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)の世界展開を加速できると見込む。

日立は買収完了から4年後の26年に売上高1兆円と2桁の調整後営業利益率を達成することを目指している。。

ロイター通信によると、タレスはかねて事業を簡素化し、主力の航空、防衛・安全保障、デジタルアイデンティティ・セキュリティの3事業に専念することを目指している。

同社のパトリック・ケイン会長兼最高経営責任者(CEO)は、「今回の大型な戦略的取引により、長期成長が見込まれる3つのハイテク事業に専念できる」とコメント。これら3事業は持続的に2桁成長が見込まれるとしている。


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: その他製造運輸IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏大統領、ニューカレドニア到着=沈静化へ(05/24)

光学機器エクソセンス、パリでIPO実施へ(05/24)

ラガルデール、パリマッチをLVMHに売却(05/24)

フランス24放送中断、従業員が合併案に抗議(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

マクロン大統領、ニューカレドニア訪問(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン