UBS、PNG政府への融資で不正疑惑浮上

スイスの金融大手UBSがパプアニューギニア(PNG)政府に行った13億ドルの融資を巡り、同政府が設けた調査委員会の主任法律顧問は26日、USBが調査に非協力的だとして非難した。政府はこの融資による資金を使った取引で最終的に巨額の損失を被っているが、調査では不当な条…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

センシリオン、ハンガリー東部の工場開所(09/24)

ネスプレッソ、カプセルの商標権認められず(09/23)

日立ABB、エジプト送電系統高度化を受注(09/23)

ネスレ、印で原材料高騰で厳しい状況に(09/23)

ノバルティス、失明治療のアークトスを買収(09/22)

世界経済フォーラム、来年にダボス会議再開(09/21)

ウィーフォックス、保険大手の前幹部が要職(09/21)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

スイスの運動靴オン、ニューヨーク上場(09/17)

セメントのホルシム、ブラジル事業を売却(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン