電力4社、石炭火力発電を国営機関に移管へ

ポーランドの電力大手PGEとタウロン、エネア、エネルガの4社は23日、石炭火力発電所を国家エネルギー安全保障庁(NABE)に移管することで財務省と合意したと発表した。 これは4月にポーランド政府が発表した計画の一環。合意に基づき、各社の石炭火力発電資産はPGEの…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU首脳会議、ポーランドへの措置を協議(10/25)

欧州北部で暴風雨の被害=ポーランドで死者(10/25)

ライトソースBP、ポーランドで太陽光発電(10/21)

欧州一般裁、ルフトハンザの資産買収を支持(10/21)

欧州委、ポーランドの国内法優先巡り制裁も(10/20)

ソラリス、ルーマニアで水素バス試験(10/20)

ロシアとウクライナ、感染死者数が過去最多(10/20)

アリエクスプレス、ポーランドに物流ハブ(10/14)

国内法優先判断、EUとの関係巡り世論二分(10/13)

ECアレグロ、地場の即日宅配業者を買収(10/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン