電力4社、石炭火力発電を国営機関に移管へ

ポーランドの電力大手PGEとタウロン、エネア、エネルガの4社は23日、石炭火力発電所を国家エネルギー安全保障庁(NABE)に移管することで財務省と合意したと発表した。 これは4月にポーランド政府が発表した計画の一環。合意に基づき、各社の石炭火力発電資産はPGEの…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

デジタルファーストAI、350万ユーロ調達(07/23)

ポーランド初のFSRU、設置場所が決定(07/18)

電力エネア、ポーランド最大級の貯蔵設備(07/17)

セキュリティー新興リロック、EGVが出資(07/16)

ウィーネット、AI導入で500人整理(07/12)

パナソニック、ポーランド冷凍機企業を買収(07/10)

仁宝、ポーランドで車載電子工場建設(07/09)

商用車トラトン、電池工場建設を秋に判断(07/09)

ポーランド新車登録台数、6月は20.8%増加(07/08)

PKPカーゴ、30%の人員削減(07/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン