• 印刷する

エネルギー管理機関を新設へ 英政府、電力・ガスの脱炭素化

英政府は20日、電力・ガス系統の脱炭素化に向け、中立的なエネルギーシステム管理機関を新設する方針を明らかにした。電力・ガス系統の計画・開発や競争促進といった役割を担う見通しで、送電大手ナショナル・グリッドから一部機能を移管する格好となる。

新機関の名称は「フューチャー・システム・オペレーター(FSO)」。民間企業・エネルギー・産業戦略省とエネルギー業界の監督機関Ofgemはこの日、FSO設立計画を巡る意見公募を開始した。

政府は、「ガス・電力系統は現在、ナショナル・グリッドの一部だが、利害対立の恐れがあり、既存の役割・機能や、排出量実質ゼロ化の達成に必要な新たな役割の効果的遂行を困難にしている」と指摘。専門家から成る中立的な独立機関FSOを設立することにより、こうした問題を解消できるとしている。

政府の計画によると、FSOはナショナル・グリッドの電力系統運用子会社ナショナル・グリッドESO(NGESO)に代わり、電力系統の運用を手掛ける。ガス系統については、全体的な運用は引き続きナショナル・グリッドが担うものの、長期予測や戦略的ネットワーク計画など一部機能はFSOに移管するとしている。

政府はFSOについて、「他の商業的エネルギー事業だけでなく政府の日常的な運営管理からも独立した機関であることが必要」と説明。「FSOは消費者や、最終的には国民に対する説明責任を負う」としている。FSOを民間事業者とするか公的機関とするかは、まだ検討中としている。

ナショナル・グリッドは、ガス・電力系統の運用管理に加え、国内インフラを所有するほか、フランス、ベルギー、オランダなど諸外国との電力取引に用いられる海底ケーブルの開発も手掛ける。政府が2017年に電力・ガス部門の見直しを行った際には、同社は分割を免れたものの、電力系統の運用事業の分離を求められ、これを受け19年にNGESOが設立されていた。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏米大統領が会談、関係修復図る=オーカス(09/24)

エネ企業2社が新たに破綻 9月だけで計6社=ガス価格高騰(09/24)

英政府、引退トラック運転手に復帰要請も(09/24)

英首相、国連総会で気候変動対策を呼び掛け(09/24)

9月は過去5カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

中銀、政策金利を史上最低水準に据え置き(09/24)

韓国、英国からワクチン調達へ=首脳会談(09/24)

英米FTA交渉への進展なく 気候変動なども協議=首脳会談(09/23)

英政府、CO2製造の米社に運転資金援助(09/23)

CO2不足、欧州でも深刻化の恐れ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン