仏政府、雄ヒヨコの粉砕・ガス処分禁止へ

フランス政府は、国内の養鶏場で2022年から、粉砕機や二酸化炭素ガスによる雄のヒヨコの殺処分を禁止する計画だ。非人道的な殺処分の廃止を求める動物愛護団体らの訴えを聞き入れる格好。ドノルマンディ農業・食料相のインタビューを元に、仏紙パリジャンなどが7月18日伝えた。 …

関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、減産見通しを50万台に大幅修正(10/25)

米FB、転載料支払いで仏新聞団体と合意(10/25)

日本ペイント、建築用塗装クロモロジー買収(10/25)

ソフトバンク、仏ロボ事業売却で独社と協議(10/25)

極右のゼムール氏、出馬なら決選投票進出も(10/25)

米政府、デジタル税巡り欧州5カ国と合意(10/25)

欧州北部で暴風雨の被害=ポーランドで死者(10/25)

アルストム、スペインで年内に200人超採用(10/22)

ジオポスト、UAEの物流会社に20%超出資(10/22)

自動車ルノー、半導体不足で30万台減産か(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン