フィンエアー、第2四半期は赤字縮小

フィンランド航空(フィンエアー)は15日、第2四半期(4~6月)の純損失が1億2,010万ユーロとなり、前年同期の1億7,210万ユーロから赤字が縮小したと発表した。 売上高は63%増の1億1,180万ユーロ。輸送実績を見ると、乗客数が29万1,600人と3倍に拡大した。有効座席キロ(…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フィンエアー、第2四半期は赤字縮小(07/16)

コネクレーンズ、英当局が合併を本格調査(07/14)

北欧諸国で記録的熱波=北極圏で34度(07/07)

自動車OEMバルメト、バルブのネレス買収(07/05)

ソニー、ゲーム開発ハウスマークを買収(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン