医療機器IGL、印南部に工場設置へ

フランスの医療機器企業インスティテュート・ジョルジュ・ロペス(IGL)は、インド南部のタミルナド州に工場を設置する方針だ。投資額は約2億ルピー(270万ドル)。ビジネス・ライン電子版が12日伝えた。 工場の設置先は、同州ティルバンナマライ地区チェイヤール。IGLは新…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 医療・医薬品その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

仏で医療従事者のワクチン接種が義務化(09/16)

仏インフレ率、8月は改定値も1.9%(09/16)

欧州市民、EU大統領候補にメルケル氏支持(09/16)

フォルシアとエンジー、炭素中立化へ協力(09/16)

仏政府、2030年までに鉄道貨物輸送倍増へ(09/15)

ニコン、仏社と開発の天体望遠鏡を発表(09/15)

パリのイダルゴ市長、大統領選への出馬表明(09/14)

英、バルネバとのワクチン供給契約を解除(09/14)

M&S、仏事業を見直し=食品配送遅延で(09/14)

ロールス・ロイスなど、エアタンカー株売却(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン