旧東独市民、3割は依然「二級市民」の意識

旧東西ドイツの経済格差は依然として大きく、東側市民の3割超は自らを「二級市民」と感じている――。東西ドイツ統一に関する年次報告書で、このような実態が明らかとなった。 それによると、旧東独の2020年の1人当たり国内総生産(GDP)は3万2,422ユーロと、新型コロナウイ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

メルセデス、30年までに完全EV化(07/26)

ボルボ、浙江吉利から中国合弁2社買収へ(07/26)

メルセデス、電気モーターの英ヤサを買収(07/26)

薬局がワクチン証明発行を中断=ハッキング(07/26)

コメルツ銀、証券決済のHSBC委託を中止(07/26)

アウディ、印で電動SUV3モデル発売(07/26)

独中社ワクチン、香港で接種後に心筋炎疑い(07/26)

メルケル首相、任期最後の夏の記者会見(07/26)

米独、ガス導管の完工で合意 ロシアが政治利用なら制裁発動(07/23)

独、洪水被災地で新型コロナ感染拡大の恐れ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン