• 印刷する

イングランド、19日以降も規制残る可能性

英国のジョンソン首相は1日、イングランドにおける新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)の全面解除が予定される19日以降も、いくつかの予防措置は残す可能性を明らかにした。近日中に、次の段階の規制解除の詳細を決めるとしている。BBC電子版などが伝えた。

同首相は、マスク着用義務などが撤廃されるかどうかを問われた際、可能な限り新型コロナ流行前の生活に戻したいとしながらも、引き続き特別な予防策を取らなければならないだろうと発言。向こう数日のうちに方針を固めるとしている。

また、ワクチン接種完了者に26日以降、感染リスク「黄」の国からの入国後の自主隔離を免除する可能性が報じられている件について尋ねられると、2度のワクチン接種は「解放者」になるだろうと答えた。しかし、旅行に関しては例年のように手間のかからないものは期待すべきでないとしている。

英国では1日、新規感染者数が2万7,989人に増え、1月下旬以降で最多を記録したが、死者や入院患者は冬季の感染の波と比べ少なく抑えられている。ジョンソン首相は、迅速なワクチン接種により感染者数と死者数が比例しなくなったことは喜ばしく、これにより19日に規制緩和を進めることができるとしている。

なお、ジャビド保健・社会福祉相は先に、19日に規制解除を進める方針は認めたものの、全ての規制を解除するとは限らないとしていた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、金利5.25%に据え置き 7会合連続、8月利下げに含み(06/21)

ナットウエスト、セインズベリーの事業取得(06/21)

越首相「原子力研究継続」=ロ社に支援要請(06/21)

食品原料T&L、米CPケルコ買収(06/21)

エナージアン、地中海事業を米社へ売却(06/21)

ユニリーバ、印でパーム油削減=業界が異議(06/21)

英、富裕層の流出加速=中国に次ぐペース(06/21)

英インフレ率、2%に減速 約3年ぶりに中銀目標に到達(06/20)

英総選挙、AI議員が出馬=当選なら世界初(06/20)

バークレイズ、法人部門で1億ポンド削減へ(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン